« 14歳からの哲学 〜考えるための教科書〜 池田晶子著 | トップページ | 僕の生きる道 橋部敦子著 »

2005/03/24

「新・考えるヒント」(池田晶子著、講談社)

学生時代に小林秀雄の「考えるヒント」を読みこなせなかったときの残念な思いから、
アマゾンで衝動買いしてしまった。

著者が小林秀雄になりきって新しい「考えるヒント」を書いている。「考えるヒント」
を読み直している途中なのでなんともいえないが、読みやすい小林秀雄という気が
する。最後まで一気に読むことができた。

実際に小林秀雄の文章を引用した部分はゴチック体になっており、はっきり区別で
きるが、これがもしゴチックでなかったらわからないのではないかと著者自身もいって
いる。

心に残った言葉

わかるということは、決して説明によってわかるのではない。言葉自体の力によってわかるのだ。

善悪は存在する。われわれのうち深くに存在し、その針は常にふれている。しかし、誤たずにわれわれを導いている。(中略)内にあるこの絶対性を、外にあるかのように思う時、人は自ら判断する自由を放棄する。つまり生きるのをやめることになる。

|

« 14歳からの哲学 〜考えるための教科書〜 池田晶子著 | トップページ | 僕の生きる道 橋部敦子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/3400604

この記事へのトラックバック一覧です: 「新・考えるヒント」(池田晶子著、講談社):

« 14歳からの哲学 〜考えるための教科書〜 池田晶子著 | トップページ | 僕の生きる道 橋部敦子著 »