« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の8件の投稿

2005/04/30

生きる意味 上田紀行著 岩波新書

400430931X 生きるということはどういうことなのか、自分はどう生きたいのか、そして子どもたちにはどう生きてほしいのか。新書ながら難しいテーマを掘り下げたなかなかの本である。

現在は「生きる意味の不況」だと著者はいう。経済的な豊かさだけを追求して、他人のほしがるものを自分も求めることで物質的な幸せを追い求めていたが、1990年代初めのバブル崩壊によって奈落の底に突き落とされた。自分を他人と比較することでしか幸せを感じることができない人が多くなった。景気が回復すればこの問題は解決するのか。もっと深いところに問題の核心があると著者は指摘する。

自分が何をやりたいのか、という自分にとって重大なことをこれまで問うことなしに生きてきた子、自分が何をやりたいのかよりも、いかにしたら周囲に受け入れられるかを優先してきたので、自分が何をやりたいのかも分からなくなってしまっている子。「透明な存在」は自分の存在感の危機に瀕することになってしまうのである。

著者は現代日本人の空しさは自分がどこまでも交換可能であるという意識からくる「かけがえのなさの喪失」だという。

は本当は世界に一人しかいないかけがえのない存在だ。の誕生は神秘に満ちている。4〜5億個を超える精子がたった一個の卵子を目指して、そして私自身の新しい人生を目指して殺到する。実際に合体できるのはたった一個の精子だけだ。精子と卵子の組み合わせはそれこそ無限にあり、この熾烈な戦いを勝ち抜いてこの世に誕生した最初から、はこの世に一人しかいないかけがえのない存在なのだ。

この本は、単なる哲学的な考察ではなく、グローバルシステム、グローバル資本主義を採用したことによる社会の変化、日本の構造改革推進による問題点を、経済的側面から果敢に掘り下げている点が特徴的だ。一瞬、何の本を読んでいたのかを忘れるぐらい新鮮が驚きがある。

「黄金の拘束服」と呼ぶ、新しい政策を導入しなければいけないという。(中略)具体的には、経済活動の中心を民間に置き、国有産業と公益事業を民営化し、関税や資本市場の規制を緩和し、外国からの投資を奨励し、国内での競争を促進させ、国民の個人投資の選択肢も広げるような、政治経済的政策である。つまり現在の日本政府が推し進めている「構造改革」とはまさにこの「黄金の拘束服」の実現に他ならないことが分かるだろう。

ハンバーガーチェーンのマクドナルドが存在する任意の二国は、それぞれにマクドナルドができて依頼、お互いに戦争をしたことがない。

グローバル資本主義のルールに従う国は汚職や賄賂などの腐敗が減少する。(中略)民主化が進む。

企業についても同じだ。情報開示が悪い、つまりIR(投資家向け広報)活動の悪い企業は投資家から見向きもされなくなり、資金調達の道を閉ざされることになる。常に投資家の厳しい目にさらされることになるのだ。それがグローバル資本主義のルールなのだ。

グローバルシステムを採用した社会は、他人の目を意識せざるを得ない社会であり、これが新たなるストレスになる。かけがえのない自分の喪失につながっているのである。

かけがえのなさを取り戻すためにはどうしたらよいのか。

経済的利益至上主義すなわち数字信仰ではなく人生の質を目指していくべきだと著者はいう。

自分自身の心に素直になって、自分がいま一番何を求めているのかに従って生きていこう、モノの多さ、地位の高さ、そして「他者の目」からの要求に惑わされず、自分の感じ方を尊重して生きていこうということこそが「心の時代」なのだ。

著者は釣りバカ日誌のハマちゃんの例をあげて、自分の好きなものに打ち込む幸せの重要性を訴えている。

かけがえのなさを取り戻すための活動は、経済的利益至上主義ではない活動、つまりNPOが中心になってくる。自分のためだけではなく、他人のため、社会のため、世界のために活動することによって自分自身も救われるのだ。

社会に役立つことの喜び、かけがえのない自分の発見、生きる意味を再認識する。まわりが暗かったら自分が光になり、まわりを明るく照らしていこう。著者の気持ちが伝わってくる。

ぜひ一読をお勧めしたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/19

中国のこと

最近、中国での反日デモ(半日ではありません)のニュースをよく見ます。政府の監督の厳しい中国で、政府の認めないデモが行われるわけはありませんから、今回のデモを含めて政府公認と考えてもいいでしょう。

月給一万円の人がいるかと思えば、3,000万円のベンツを乗り回している人がいる、というように最近の中国では貧富の差が拡大。都市部の労働者と内陸部の農民との間の所得の差も大きく、潜在的な不満はかなりのレベルまで達していると聞きます。

この不満をそらすために、日本へ攻撃の矛先が向けられているという図式は信じたくはありません。ある意味で天安門事件以降に行われた思想教育の結果がこれなのでしょうか。日本の教科書が偏向しているといいますが、判断の基準をどこに置くかによって見方は異なると思います。検定制度についてマネックスの松本社長がつぶやきで書いています。

http://www.monex.co.jp/monex_blog/archives/005826.html

黙認してきたデモで一部制御しきれない動きが出てしまったというのが、今回の真相ではないでしょうか。

中国共産党が心配しているのは、今日本に向かっている矛先が自分たちに向けられて政情不安を呼ぶことでしょう。民衆の動きが制御不能になることは避けなければならないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

ラ・ロシュフコー それ自体不可能なことはあまりない

4003251016 ラ・ロシュフコーは、辞林21によると「(1613-1680)フランスのモラリスト。ペシミスティックで辛辣な人間性批判の書『箴言録』で知られる。」とあるように、ここまでひねくれるのかというイメージが強いのですが、成功の方法について次のようにいっています。

それ自体不可能なことはあまりない。ただ我々には、ぜひとも成しとげようという熱意が、その手段以上に欠けているのである。

また愛については、

愛の喜びは愛することにある。そして人は、相手に抱かせる情熱によってよりも自分の抱く情熱によって幸福になるのである。

といっていますし、プレゼンテーション技術の勉強会ではありませんが、

声の調子や目や表情には、言葉の選び方に劣らぬ豊かな雄弁がある。

肯定的にとらえて書いているものもあるのですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/04/10

天風先生座談 宇野千代著 廣済堂文庫

4331650235 中村天風を知りたいと思い「運命を拓く〜天風瞑想録〜」を読んだのですが、理解するのに時間がかかりました。他の本を読んで知識を蓄えてからの方がよかったと感じました。「成功の実現」(日本経営合理化協会)を最初に読むといいと思います。1万円を超える値段ですが、それだけの価値はあります。

とりあえず中村天風を知りたいのであれば、宇野千代が、中村天風の講演をその印象を損なわないように、書き起こした「天風先生座談」がお薦めです。

宇野千代といえば昭和32年(1957年)に「おはん」で野間文芸賞をとって一躍有名になりましたが、その後一行も書けない苦しい時代がありました。自分で「私はもう書けない。私にはもう書くことができない。私はちょうどそういう年齢に達したのだ。詩想が枯渇する年齢に達したのだ。」と思い込んでいたのです。

ある夜宇野千代は、中村天風から「人間は何事も自分の考えた通りになる。自分で自分に与えた暗示の通りになる。」「出来ないと思うものは出来ない。出来ると信念することは、どんなことでもできる。」といわれました。では私は、書けないと思ったから書けないのか。書けると信念すれば書けるようになるのか。17〜8年間1行も書けなかった宇野千代がある日2〜3行書いた。また1枚書いた。そして書けるのではないかと思った途端書けるようになったというエピソードが紹介されています。

魔法のような話ですが、一面の真実だと思います。馬鹿の壁ではないですが、自分から自分の能力に蓋をしてしまっている人は多いのではないでしょうか。中村天風は、落語家のような話し方で子どもから大人までわかりやすく人生の真髄を語っています。既に亡くなっていますから実際の声を聞くことはできませんが、宇野千代の自らの感動と幸福を自分以外の何百万人の人にも伝えたいという気持ちが伝わってきます。

心に残った言葉

人の命は、一ぺん死んでしまったら、二度とこの世に出られません。である以上、たとえ現在がどうあろうとも、三寸の息絶えて、万事休す、その日まで生きているんですから、死なない限りは生きているんですから、たとえどんなことがあろうとも、生きているというこの有り難さを心に思い、どんな辛いことがあろうとも、どんな悲しいことがあろうとも、すべてこの俺が、もっと高い心の境地になるための、天の試練なり、というふうに考えて、それを喜びと感謝に振り替えたら、どうでしょう。

いま、このことをそうだと思ったら、その人は今日から以降、ほんとうの幸福というものを味わいうる人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/09

福翁百話 〜明日へのともしび〜 福沢諭吉著 金園社刊

家の前の桜が満開だ。強い風に花びらが舞う。

福沢諭吉の本では「学問のすすめ」や「福翁自伝」が有名だが、この「福翁百話」は明治29年(1896年)3月から明治37年(1904年)7月までの百回にわたり時事新報に連載されたものだ。

第一話は宇宙。宇宙の広大さ、美しさ、構造の緻密さ、誤りのない一定不変の規則をもって運営支配されていることの不思議さの前に呆然としてしまう。人間の存在のなんと小さなことよと諭吉の宇宙(天工)への思いが綴られている。

第二話の天工では、「万物の必滅は天然の真理なりといえども、その滅するはただ形を変ずるのみにして物質の消滅するにあらず。」と全てのものが移り変わる中で物質そのものは形を変えることはあっても地球や宇宙から消えるわけではなく、ただその形をかえるだけなのだといっている。

人間を見ればその構造の精巧さやその働きは人工のものではまねることはできない。このように自然の微妙な働きは人智の及ばないもので、この偉大な力(天)がどこにあるかを捜そうと思えば、全てのものが天であり、塵の中にも天を見ることができる。いや、近くを見れば自分自身も天の力が宿っているひとつの肉の塊であると発見することになる。

第五話の因果応報では、「人間の一挙一動、一言一行は微妙の辺に原因結果の争うべからざるものあるを証するに足るべし」と悪を行うものには必ず災いが降りかかり善を行うものには福が訪れるはずであるが、世の中必ずしもそうとばかりはいえない。けれども天の広大さと人間の無知から、天の本当の動きは人間がわかるものではない。ただ人間は因果応報を信じて少しでも言行ともに善に近づけていき、祖先に対してはその苦労を感謝し、子孫には文明進歩のきっかけを残したいといっている。

百年前とは思えない、人生のみちしるべとなる大切なひとつひとつの話から、諭吉のこころが伝わってくる。

心に残った言葉

元来人間の心は広大無辺にして、よく理屈の外に悠然たるを得べきものなり。

人生を戯れと認めながら、その戯れを本気に勤めて倦まず、倦まざるがゆえによく社会の秩序を成すと同時に、本来戯れと認むるがゆえに、大節に臨んで動くことなく、憂えることなく、後悔することなく、悲しむことなく安心するを得るものなり。

人間世界の禍福はその到来に遅速遠近こそあれ、概して人間の言行に由来するの事実を見るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/08

毎日が新しい

私の一日は次の中村天風の誦句を口ずさむことから始まります。

「我は今、力と勇気と信念をもって甦り、新しき元気をもって、正しい人間としての本領
の発揮と、その本分の実践に向かわんとするのである。我はまた、我が日々の仕事に、溢るる熱誠をもって赴く。我はまた、欣びと感謝に満たされて進み行かん。一切の希望、一切の目的は、厳粛に正しいものをもって標準として定めよう。そして、恒に明るく朗らかに統一道を実践し、ひたむきに、人の世のために役だつ自己を完成することに、努力しよう。」
甦りの誦句(「運命を拓く」中村天風、講談社文庫、48ページ)

「私は、力だ。力の結晶だ。何ものにも打ち克つ力の結晶だ。だから何ものにも負けな
いのだ。病にも、運命にも、否、あらゆるすべてのものに打ち克つ力だ。そうだ!強い、
強い、力の結晶だ。」
力の誦句(「運命を拓く」中村天風、講談社文庫、60ページ)

「今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず。正直、親切、愉快に。力と勇気と信念をもって、
自己の人生に対する責務を果たし、常に平和と愛を失わない、立派な人間として生き
ることを厳かに誓います。」
誓いの詞(「中村天風、自分に奇跡を起こせ!、池田光著、知的生きかた文庫、
116ページ)

この三つの誦句を唱えることで、新しい一日をその日だけのことを考えて一生懸命に
生きることができるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/03

成功者と成幸者 上村光弼・文

PHP研究所から出版されたこの本の帯には「ときどき思い出したい大切なこと」とあります。

大手電気メーカーのメールマガジンにビジネス心理学を連載されていた衛藤信之氏が連載の最終回で、自らの教え子として上村氏を紹介していた関係で手にとりました。

「功を成すということに熱中している人」(成功者)
「幸せになることを大切にしている人」(成幸者)
対照的に取り上げています。

さるのイラストもユニークであっという間に読んでしまいました。

根底に流れる考え方は、松下幸之助とおなじです。
仕事での成功や事業での成功だけでなく、本当の人間としての成功を目指すべきでは
ないかということです。
本当の成功、人間としての成功とは、人それぞれに与えられた天分にしたがって、
自らのできることをやって他の人にまた社会に貢献することであると思います。

心に残った言葉

成功者は自分のお蔭と思い、成幸者はみんなのお蔭と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/02

おもしろきこともなき世をおもしろく

吉田松陰門下の志士である高杉晋作は、幕末の長州藩にあって、下関砲撃に
備えて農民や平民からなる奇兵隊を組織。幕府よりだった長州藩でクーデター
に成功して倒幕に転換、第二次長州征伐の幕府軍を倒しました。

若くして病に倒れ、戦いの天才が29歳でなくなる直前に残したことばがタイトル
のことばです。

おもしろきこともなき世をおもしろく

下の句はそばにいた望東尼が

すみなすものは心なりけり

と続けたというのは有名な話です。

こころの持ちようが大切ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »