« 村上ファンド、村上世彰氏の素顔 | トップページ | 日記 »

2005/05/15

一冊の手帳で夢は必ずかなう

4761261439

久しぶりに手帳の関係でいい本が出た。

東京証券取引所第二部に上場しているGMO・グローバルメディアオンライン株式会社の代表取締役会長兼社長熊谷正寿氏が書いた、手帳というより夢の実現方法の本である。

昔から手帳に関する本が好きで何冊も読んでいる。

「究極の手帳術、ポストイットと能率手帳で十分」(福島哲司著、明日香出版社、1991年)
能率手帳と大判のポストイットノート(655番)だけで、システム手帳を上回るシステムを構築するという画期的な内容だった。

「『ポスト・イット』知的生産術」(西村晃著、メディアパル、1996年)

19960315s1
経済キャスターの西村氏がNHK記者時代に考え出したA5版能率手帳とポストイットを使ったシステムだ。小型のポストイットとペンを胸ポケットにいれて、ところかまわずアイデアがうかんだときにポストイットにメモを取り、はがしてポストイットの裏表紙に貼りつける。そして落ち着いたところでA5版の能率手帳に貼りつけるのである。能率手帳はあくまでポストイットを貼りつけるための土台であり、貼りつけられたポストイットをはがすことで仕事が完了する。その日にやらなければならないことをすべてポストイットに一件1枚で書き出して、その週の右ページに優先順位に従って上から下に貼りつける。その用件が終了したらはがして捨てるのである。はがすことが仕事を終わった印であり、快感になる。その日の仕事がどこまで終わったかが一目でわかる。

データベースとしてもつかえる。後半のメモのページはそれぞれ独立した項目のデータをポストイットに書いて蓄積する。自分独自のデータベースを作りだす。手帳は1年経つと新しく買い替えるわけだが、データの移し変えは大変な作業だった。ところがポストイットをはりかえるだけでデータの移動が完了する。西村氏は9月には翌年の手帳を購入し、データを移し変えながら新旧2冊を常に持ち歩いているという。

個人的には、西村氏のシステムを真似して使っている。しかし、ポストイットをはがしてしまうとその日に行った仕事が残らなくなってしまう。それで私は、電話、FAX、メール、郵便、宅急便、手渡し、口頭、などの記号を作り、その日の予定の仕事をすべて手帳に書く。こちらから発信する仕事で終わったものには赤ボールペンで、先方から受ける場合は緑の線を引いている。赤で消すことが快感になるのだ。その日一日が終わったあとは赤や緑で用件は消されており、残されたものが明日以降に処理すべき仕事になる。

スケジュールは小型の手帳に記入し、仕事の用件はA5版の能率手帳に記入している。

熊谷氏の手帳はスケジュールや仕事の処理といった目先のことだけではなく、将来の夢の実現まで手帳に盛り込んだ。現在東証二部上場会社の代表取締役である熊谷氏は、21歳のとき自分の夢を実現させるため、手帳に夢を書き込み、その夢を忘れないためにその手帳を肌身離さずに持ち歩き、何度も見ては夢に対する思いを確認したという。21歳のときに「35歳で自分の会社を上場させる」という大きな夢を描き、実際に35歳と1ヶ月で実現した。いろいろな成功物語やノウハウ本があるが、実際にやりとげた人の話は説得力がある。

この本を読んで一番難しいと思ったのは夢をもつことだと感じた。自分の「夢」「やりたいこと」を書き出してやりたいことリストを作る。これは簡単なようでなかなかそうではない。同氏はなかなか夢がでてこない読者に「明日死ぬとしたら何をしたいかと考えたらどんどんやりたいことが出てくる」というが、自分が明日死ぬということはあまり実感として感じられない。いきおい出てくる夢は、あまり自分を打ち振るわせるようなすばらしい夢、目標というものにはならない。「人は、夢で描いた自分の姿以上になれない」のだから、夢を描けないとこの本を読んだ意義も薄れてしまう。

ここで思い出すのは、松下幸之助の言葉である。自分のやりたいことが見つからない、ということは、自分のことだけを考えているからだ。他人のこと、社会のこと、日本のこと、世界のこと、自分が貢献するためには何ができるのかを考えることだ。

もう一度、この本を読み返してみよう。

人気blogランキングへ

|

« 村上ファンド、村上世彰氏の素顔 | トップページ | 日記 »

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。

わたしは、この本で、手帳を使うようになりました。

自分も、これが”夢”だ!、というのはないのですが、
『1日3分「夢」実現ノート』という本を読んで、
少しずつ、やりたいことが見えてきているように思います。

手帳の本ですので、
読まれてみると、良いかもしれません。

投稿: こばやし | 2005/05/23 13:23

こばやしさん

コメントありがとうございます。
早速、ご推薦の本を買ってきました。
読んでみようと思います。
夢をいかにもつのか期待しています。

それでは、また。

投稿: たっくん | 2005/05/23 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/4142846

この記事へのトラックバック一覧です: 一冊の手帳で夢は必ずかなう:

» 『一冊の手帳で夢は必ずかなう』 [ビジネス書・雑誌メルマガブログ:知識をチカラに!]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆◆  [続きを読む]

受信: 2005/05/23 13:24

» 『一冊の手帳で夢は必ずかなう!』 [【弁護士と法律事務職員のほのぼのブログ】]
みなさんベストセラーの『一冊の手帳で夢は必ずかなう!』という 本をご存知でしょうか? GMOの熊谷さんの著書です。 [続きを読む]

受信: 2005/07/14 11:29

« 村上ファンド、村上世彰氏の素顔 | トップページ | 日記 »