« 他力 五木寛之著 講談社文庫 | トップページ | 私たち塾生に語った熱き想い 松下幸之助翁82の教え »

2005/08/28

勝つ人の考え方 負ける人の考え方 林野宏著

62664 林野さんはクレディセゾンの社長です。

クレディセゾンを知らなくても、パリの凱旋門を背景に老人が鉄棒の大車輪でくるくる回るCMや少し古いですが、柔道の決まり手をいくつも紹介するユニークなCMは記憶にあるのではないでしょうか。クレディセゾンは、日本信販やJCBを超えた「永久不滅ポイント」で有名なクレジット会社日本一の会社です。

1982年に林野社長が営業企画部長として異動したときはどうだったかといえば、経営不振の緑屋という割賦販売会社をクレジット会社に変えて再建中でした。苦労していた時期で、当然日本一など考えられもしなかったはずなのですが、林野さんはどうせやるなら業界でトップになってやる、そのためには何をすればよいのかを情熱をもって考え続けてきたのです。

その考えをこの一冊の本にまとめているのですが、林野社長は勝負やツキに大変関心をもっていて、勝つために大切なことは「情熱の持続力」と「頭の使い方」だといっています。

一度林野社長の講演を聞く機会があったのですが、話されていたことがこの本の中にも盛り込まれていました。巻末資料にはスライドにもあった「企業とは何か?」「ビジネスマンとは何か?」のチャートが掲載されており、このチャートを見るためにこの本を購入したといってもいいぐらいです。

林野社長はジャンルを問わず本を読破する乱読家なのだそうですが、印象に残ったコメントがありました。

読書とは、本を買った時点ではその価値はゼロ、読んだ時点で定価どおり、理解して自分のものにした時点で定価の一万倍、実際に活用した時点で一億倍にもなると私は考えます。

私も読書は好きですが、林野社長のいう「定価どおり」にしか活用していなかったのではと反省しています。せめて一万倍を目指して頭を使っていきたいと思います。

|

« 他力 五木寛之著 講談社文庫 | トップページ | 私たち塾生に語った熱き想い 松下幸之助翁82の教え »

コメント

かなり影響されております。いつも大切な言葉が分かりやすくて、これからも参考にさせていただきます。今の時代に一番必要なことが何であるのか、ようやく分かり始めました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: matu | 2005/09/08 20:09

matuさん、コメントありがとうございます。
私のつたないブログを読んでくださる人がいて、matuさんのようにコメントを寄せてくださる方がいらっしゃるので、続ける元気が出てきます。本当にありがとうございます。
最近、五木寛之さんの本を読んでおります。また感想など書かせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: たっくん | 2005/09/08 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/5678778

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つ人の考え方 負ける人の考え方 林野宏著:

» 『勝つ人の考え方 負ける人の考え方』林野 宏 (著) [知識をチカラに!]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆◆  [続きを読む]

受信: 2005/08/29 14:29

« 他力 五木寛之著 講談社文庫 | トップページ | 私たち塾生に語った熱き想い 松下幸之助翁82の教え »