« 塩野七生「ローマ人の物語」 のちょっといい言葉 | トップページ | 司馬遼太郎「坂の上の雲」 »

2005/11/28

日本の教育( θ_Jθ)コマッタモンダ

大学卒業後実家の家業を手伝っていた友人が、独立して学習塾を立ち上げました。独立を決意した時、周囲は子どもの数が減っていく時代に塾は衰退産業だと反対。しかし彼は個別指導というニッチな分野であること、また日銭商売であることから有望だと判断しました。唯一保険をかけたとすれば一から始めるのではなく、全国チェーンの塾のフランチャイザーとして始めたことぐらいです。しかし、そこではチェーンの塾の名前は知られておらず、一からはじめるのとあまり変わらない・・・

子どもたちの現状を聞いて驚きました。中学3年生でローマ字がかけない、分数計算ができない、という子どもたちを懇切丁寧に個別に指導していくのだそうです。

個別指導では先生1人が生徒3人をみます。個別に教えるのだから、同じ教室に高校3年生と小学2年生がいても問題ありません。学年やレベルごとに教室を用意する必要がなく、開業時の設備投資を抑えることができるわけです。

大学生のアルバイトを講師として雇って、その管理をすると同時に自分も教えています。塾は順調に伸びており、まもなく2校目も開設。ほとんど休みがなくて忙しいけれど、日本の教育制度のゆがみを自分が正すのだという大きな目標に向かって頑張っています。

決断を迫られたとき、まわりの人はかならずやめておけといいます。しかしリスクをとってチャレンジしなければ何も始まらないのだ、ということを友人に教えてもらった気がします。

あせれば人は、ごく自然に以前の成功例にすがりつくようになる。
(ローマ人の物語IV ユリウス・カエサル・ルビコン以前、塩野七生、380ページ)

人気blogランキングに参加しています。気に入ったらクリックをお願いいたします。 

|

« 塩野七生「ローマ人の物語」 のちょっといい言葉 | トップページ | 司馬遼太郎「坂の上の雲」 »

コメント

コメントいただき、どうもありがとうございました。ブログ読ませていただいています。

私も、去年まで個別指導の塾で仕事をしていました。お友達がおっしゃるようなお子さんの状況はひとつも大げさではありませんよ。

それでは、またお伺いします。

投稿: ほめ屋 | 2005/12/18 17:21

野末さん、コメントをいただき、またブログをお読みいただき、ありがとうございます。
子どもの学力については、身近な人から聞いたので驚いたのですが、教育の現場では珍しくないことなのですね。
3年ぐらい前のゆとり教育の開始と最近になってのその撤回など教育行政は迷走していると感じています。公教育だけには任せられないという親の気持ちはよくわかるような気がします。自分で防衛するしかないですからね。

それではまた寄らせていただきます。

投稿: たっくん | 2005/12/18 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/7350067

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の教育( θ_Jθ)コマッタモンダ:

« 塩野七生「ローマ人の物語」 のちょっといい言葉 | トップページ | 司馬遼太郎「坂の上の雲」 »