« 爽やかなる熱情―電力王・松永安左エ門の生涯 | トップページ | 一年前の新聞は »

2005/12/29

自殺者をなくそう 「中村天風『勝ちぐせ』のセオリー」

ようやく政府も重い腰を上げたのでしょうか。

日本の自殺者は、97年までは2万人台でした。97年の自殺者数は24,931人でしたが、98年に32,863人へと3割以上も急増しました。振り返ってみれば、97年の後半は、山一證券や北海道拓殖銀行などそれまでの常識では考えられないような大手金融機関が倒産する大変な状況でした。

3万人がいかにすごい数字かというのは、交通事故死と比べてみればわかります。今年1年間の全国の交通事故死者数は49年ぶりに7,000人を割り込むことが確実になりました。警察庁によると、27日までの全国の死者数は6,787人で、昨年同期に比べ450人減。死者数は6,751人だった1956年以降、7,000人を上回っていたそうです。実に交通事故死の4倍以上の人が自ら命を断っているのです。

自殺の理由のトップは、健康問題、次が経済的苦境です。金融危機に関連する連鎖倒産も出たりして大変だったことが98年の自殺者急増に影響しているのかもしれません。自殺者の割合は、10万人当たりにすると25.3人になり、G8の中ではロシアについで2番目に多い数字です。

http://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/measures/050927_03-1.pdf
(自殺対策関係省庁連絡会議資料より)

政府の対策は、職場や学校のカウンセリングを強化したり、電車のホームに飛び込み防止用のフェンスを張ったり、自殺サイトへのアクセス制限ソフトを配布したりというものです。

厳しい状況に追い込まれても、それに負けない心のケアが必要とされているだと思います。

五木寛之や中村天風や松永安左エ門など先哲の水準までは無理としても、自分なりの考えをもって、乾いた世の中を生き抜いていきたいと思います。

最近、中村天風の文庫を目にします。以前、三笠書房の知的生きかた文庫から「中村天風『勝ちぐせ』のセオリー」が出ていました。絶版になったのか最近本屋ではほとんど見かけませんでした。しょうがないので古本屋で単行本を探したのですが、最近新装新版が出ました。

また文庫で読み直しています。

中村天風の本を、どんどん文庫化、新装新版化をしてもらいたいと思います。少しでも自殺する人が少なくなるのではないでしょうか。(そんなに甘くないとは思いますが・・・)

人気blogランキングに参加しています。気に入ったらクリックをお願いいたします。 

|

« 爽やかなる熱情―電力王・松永安左エ門の生涯 | トップページ | 一年前の新聞は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/7883284

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺者をなくそう 「中村天風『勝ちぐせ』のセオリー」:

« 爽やかなる熱情―電力王・松永安左エ門の生涯 | トップページ | 一年前の新聞は »