« 朝日記の奇跡 佐藤伝著 | トップページ | 大聖堂(上・中・下) ケン・フォレット著 »

2006/03/19

それでも人生にイエスと言う V.E.フランクル

それでも人生にイエスと言う

なんという良い言葉でしょう。

著者のV.E.フランクルは「夜と霧」を書いたことで有名です。第2次世界大戦中にナチスドイツによって強制収容所に入れられ、奇跡的に生還した数少ないユダヤ人の一人です。どのような人が、絶望的な状況に置かれても、希望を失わずに前向きに生きられるのでしょうか。夜と霧には実際にそれを体験した人にしかかけない内容があります。

映画で思い出すのは、「ライフ・イズ・ビューティフル」です。前半の明るいコミカルなムードと、主人公が強制収容所に入れられる後半のコントラストには大きな落差があります。収容所の中で、収容所の日常をゲームにたとえて、子どもをおびえさせないように、そして最後まで生き延びることができるようにする主人公の行動は見るものの涙を誘います。

実際にこのような収容所での生活を体験したフランクルが、1946年、収容所を出て1年後に講演で話した内容をまとめたのが「それでも人生にイエスと言う」です。

まだ、なまなましい記憶が残っている中で行なわれた講演とは思えないほど落ち着いて話しているように思えました。先哲の言葉を引用しながら生きることの大切さを説いていきます。

「なにかを行なうこと、なにかに耐えることのどちらかで高められないような事態はない」
(ゲーテ)

「もし私がそれをしなければ、だれがするだろうか。
しかし、もし私が自分のためにだけそれをするなら、私は何であろうか。
そして、もし私がいましなければ、いつするのだろうか。」
(ヒレル)

「人生それ自体がなにかであるのではなく、人生はなにかをする機会である!」
(ヘッベル)

最後にフランクルの言葉を紹介します。

「人間はあらゆることにもかかわらず−困難と死にもかかわらず、身体的心理的な病気の苦悩にもかかわらず、また強制収容所の運命の下にあったとしても−人生にイエスと言うことができるのです。」

人気blogランキングに参加しています。気に入ったらクリックをお願いいたします。 

|

« 朝日記の奇跡 佐藤伝著 | トップページ | 大聖堂(上・中・下) ケン・フォレット著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/9163026

この記事へのトラックバック一覧です: それでも人生にイエスと言う V.E.フランクル:

« 朝日記の奇跡 佐藤伝著 | トップページ | 大聖堂(上・中・下) ケン・フォレット著 »