« 福澤諭吉 人生の言葉 | トップページ | 斉藤一人著「ツイてる!」(角川新書) »

2008/08/25

座右のニーチェ 

斎藤孝著「座右の○○」シリーズの最新刊、座右のニーチェです。

座右のゲーテ、座右の諭吉と読みました。

斎藤さんの本を読むと元気が湧いてきます。

ニーチェの言葉は、「熱い」言葉です。

アフォリズム(箴言)を得意とする思想家であるニーチェは、
短い、こころに突き刺さるような、触ると切れるような、言葉を目の前に並べてくれます。

一番最初の言葉を紹介しましょう。

君は君の友のために、自分をどんなに美しく装っても、装いすぎることはないのだ。
君は友にとって、超人を目指して飛ぶ一本の矢、憧れの熱意であるべきだから。

「超人を目指して飛ぶ一本の矢」、「憧れの熱意」

すごい。

ニーチェは常に前進することを目標にしていたようです。「自分自身に安住するな」
「過去の成功体験を捨てて、新しいこと、新しいものに挑戦する勇気を持つこと」

8月25日は、ニーチェの命日です。
彼の晩年はまことに痛ましく、1889年1月3日に旅先のイタリアのトリノの町で
精神錯乱を起こし、以後10年あまりを母と次いで妹に看取られながら過ごしたそうです。
1900年の8月25日ワイマールで永眠しました。

8月25日の日本経済新聞夕刊のあすへの話題に「ピアノを弾くニーチェ」という題で
哲学者の木田 元氏が書かれていました。

偉大なる思想家ニーチェの冥福を祈ります。

こころに残った言葉

意欲というのは、いい換えれば、「その運命を欲するか」である。
「あなたはこうなる運命を求めていくつもりがあるか」という人生からの最後通牒だ。

|

« 福澤諭吉 人生の言葉 | トップページ | 斉藤一人著「ツイてる!」(角川新書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/42274600

この記事へのトラックバック一覧です: 座右のニーチェ :

« 福澤諭吉 人生の言葉 | トップページ | 斉藤一人著「ツイてる!」(角川新書) »