« 座右のニーチェ  | トップページ | 「陽はまた昇る」 佐々部清監督(2002年公開、東映) »

2008/09/14

斉藤一人著「ツイてる!」(角川新書)

まるかんの「スリムドカン」で有名な斉藤一人さんの本です。

斉藤さんは、長者番付トップの常連です。なぜそんなにお金儲けができるのか。

以前「変な人の書いた成功法則」という斉藤さんの本を読んだことがあります。

読後の印象をこのブログに書いておけば良かったのですが、覚えているのは
「お金の向きを揃えて財布にいれていれば金持ちになれる」、とか「『ツイてる!』
を千回繰り返せば幸せになれる」とかうわべのことだけになっていました。

「ツイてる!」を読んで、思い出しました。

 どんな時でも幸せになって、有り余る幸せを他の人におすそ分けしよう。

 他の人になだれのように幸せがきますように!

金儲けにはなにか後ろめたい気持ちを持つ人がまだまだ多いようです。

お金もちになって税金をいっぱい払うことは悪いことではない。
お金のありがたさと怖さを知って、使うときには「いってこいよ」と気持ちよく
送り出してあげる。そうすることで、お金はまた回り回って帰ってくるのです。

もちろんお金を運んでくるのは人間です。お金の向きをそろえるのは表面的なことで
尊いお金は尊い働きによって初めて得られるという当たり前のことに気づかせてくれます。

付属のCDもすばらしいと思います。

「ツイてる!」という言葉は、自分の機嫌を取る言葉です。常に自分の機嫌をとることで
自分の中に上機嫌が貯まっていきます。あふれでる上機嫌を回りの人に注いであげる。

運命の悪い人、体の具合の悪い人は、人の機嫌をとっていて自分の機嫌が悪くなって
しまっている可能性が高い。
どんな時でも機嫌よくするための魔法の言葉が「ツイてる!」なのです。

心に残った言葉

うまくいかない時には自分のやり方に間違いがあると思えば良い。間違いを正せば
苦労はなくなる。

自分はツイてると思って挑戦すること。失敗してもそれから学べばよい。何もしないことが
一番ダメ。「ツイてる」という言葉で一歩足を前に出す。そうすれば前に進むための
アイデアが出てくる。「ツキがツキを呼ぶ」というのはこのことです。

神様の思いやりから生まれたのがお金。もっとお金を大切にしてあげよう。

お金を貯めるには「運勢」をよくする。「ハイ!」と返事をして即座にとりかかろう。

どっちが正しいかではなく、どうすれば楽しくなるかを基準にする。

|

« 座右のニーチェ  | トップページ | 「陽はまた昇る」 佐々部清監督(2002年公開、東映) »

コメント

おせうさん、こんにちは。
たっくんのすなお日記にトラックバックをありがとうございます。
斉藤一人さんの言葉はすばらしいですね。
人の機嫌をとっているから自分の機嫌が悪くなる、という言葉は目からうろこが落ちました。
自分の機嫌をとって、明るく楽しく元気よく生きたいと思います。

また、遊びにいらしてください。

たっくん

投稿: たっくん | 2008/09/17 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19872/42473661

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤一人著「ツイてる!」(角川新書):

» 【高額納税者No.1】斉藤ひとりさん [ネットビジネスで大志を本物にする−月収30万円当たり前]
斉藤ひとりさんという方をご存知でしょうか? この方は銀座まるかんの創業者で1993年から 高額納税者番付で唯一10年連続10位以内。 * 1993年―第4位 * 1994年―第5位 * 1995年―第3位 * 1996年―第3位 * 1997年―第1位 * 1998年―...... [続きを読む]

受信: 2008/09/17 09:14

« 座右のニーチェ  | トップページ | 「陽はまた昇る」 佐々部清監督(2002年公開、東映) »