カテゴリー「音楽」の3件の投稿

2006/02/19

30年ぶりに吉田拓郎の曲に出会った

フォークソングブームの頃から吉田拓郎のファンです。声の質が似ているので、拓郎の歌は一番歌います。その頃から拓郎の歌の中ではメジャーではないのですが、よく口ずさむ曲がありました。アルバムの片隅にひっそりとあるのですが、なぜか鮮明に覚えていて風呂でも大きな声で歌っていました。曲名もアルバム名も忘れてしまって、当時録音していたカセットテープもどこかにいってしまいました。

ところが出逢ったのです。吉田拓郎の3枚組みのベスト「吉田拓郎BEST」をいつものようにZENに入れました。通勤の時になにげなく聞いていたのです。そしたら、あの懐かしい曲が流れてきたではありませんか。すぐにポケットからZENを取り出して曲名を見ると「花酔曲」でした。こんな曲名だったのですね。すっかり忘れていました。「静」というような曲名だったような記憶があったのですが・・・

記憶に残っていたのとは少し違って、拓郎はサラリと歌っています。しかし、間違いなくあのうたです。青春といってしまうとなんとなく違うのですが、若いころの熱がこもったといったらいいのでしょうか。思わずいっしょにシャウトしてしまいました。

こーこーろのーおほー かたーすみーにー とざされてたー やさしさをー 
あなたがー おもいださせてー くれたー あはーはー 
みーじーかーいー いーひー よるーだあーあったー はなすことよりー そばーにいるー 
それだけでー たしかめあうー ふたーりー 
まちーハー ふたつーの かげーを ふかい ねむりのなかにー 
ひとのめには うつーらないように 
やさしーくー やさしーくー つつむー うーうふーふふー 
あーあーあー いきているーうーふー もつーれあーいー もがきながらー 
きょうもまたー どこかでー いきづいているー いのーちー

花酔曲

心のかたすみに 閉ざされてた やさしさを

あなたが 思い出させてくれた フーム

短い夜だった 話すことより そばにいる

それだけで たしかめ合うニ人

街はニつの影を深い眠りの中に

他人の目には うつらないように

やさしく やさしく包む

ア〜ア〜ふれあった口唇に

恋という名のさきやきを

あなたが 思い出させてくれた

フーム・・・

忘れかけてた 人の心のぬくもりを

せめて今は 感じていたい

それが それが愛さ

アーアー生きている

もつれあい もがきながら

今日もまたどこかで

息づいている 生命 .

フーム

少し間違えて覚えていたこともわかりました。

すごくうれしい気持ちになった一日でした。

拓郎バンザイ。

人気blogランキングに参加しています。気に入ったらクリックをお願いいたします。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/05

森山良子さんのコンサート

神奈川県民ホールで行われた、森山良子さんのコンサートにいってきました。会場はほとんど空席がないほどの超満員でした。オープニングから2曲目は、この広い野原いっぱい。きました〜という感じでした。

透き通ったよく通る声は声量も申し分なく、全く年を感じさせないばかりか、20歳代の声と比べるともっといい声になっているような気がします。

次の曲は「禁じられた恋」、森山良子さんの歌だとは知らなかったのですが・・・
彼女いわく、最初はジャズ歌手になるのが夢だったけれども、この広い野原いっぱいというフォークソングで歌手デビューすることになった。次にもらった曲(禁じられた恋)は、見た瞬間に歌いたくないと思ったそうです。しかし、発売されるやいなや、百万枚を超える大ヒットに。今は好きな曲になっている(?)そうです。

コンサートの中で感動した曲は、「あなたが好きで」です。昨年のテレビドラマの主題歌にもなった曲でご存知の方も多いかもしれません。ビブラートのきいた声を聴いていると、感動に涙が流れてきました。心が洗われる瞬間でした。

休憩の後、ジャズナンバーを挟んで、ヒット曲の涙そうそうもよかった。

バンドメンバーが退場して、アンコール曲はごぞんじの「さとうきび畑」。沖縄での戦争の悲惨さを歌った曲でもう何十年も歌ってきた森山良子さんのライフワークといってもいいものです。真夏の雲の絵をバックにギターの弾き語りで歌うその歌は、現在の平和の尊さを今一度感じさせてくれる、すばらしいうたでした。

感動の時間を与えてくれた全ての人に感謝します。

心に残ったうた

あなたが 好きで好きで たまらない〜
こんな気持ち〜
夜明けも 夕暮れも 眠〜りの中も そばにいてほ〜しい
深く深〜く傷つき ないた夜も〜 孤独さえも〜
ふたりがこんな風に 出会うための 道しるべ
月の光の中 踊る〜 二人の影が揺れる〜
少女の頃に 見た夢が 煌めき〜 よみ〜がえる
あなたを 愛〜して 私は 生きて〜る
あな〜たと 出逢〜って 私は 生きてる〜

あなたが 好きで好きで たまらない〜
こんな気持ち〜
どこかで 定めら〜れた 一つだけの明日を祈る
強くや〜さしく抱きし〜めて 永遠を伝えたい
風のように 波〜のように 引き合う力信じ〜て
握りし〜めた指 その〜まま はなさーず
あなたと出逢〜って 私は 生き〜てる
あなたを愛〜して 私は 生きて〜る
あなたと 出逢〜〜〜って 私は 生きてる〜〜〜

ブログの先輩たちはこちらです 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/26

ライフがライブ

仕事帰りに立ち寄った本屋。お目当ては五木寛之氏の「大河の一滴」で紹介されていた「地獄は一定すみかぞかし―小説 暁烏敏」(石和鷹著、新潮社)。昼休みに探した近くの本屋にはなく、古本屋も覗いたのですが見つからなかったのです。少し足を伸ばしたこの大きな本屋にはあるかもしれないと思ったのですが、やはり在庫はなく、出版社でも在庫切れで絶版になっているとのことでした。

しょうがないと帰ろうとしたら、同じビルのアトリウムの中でライブをやっているではありませんか。「Life」というグループでした。フォークギター弾き語りの女性ボーカルとベース、ギター、ドラムの構成で、アコースティックの響きがとても心地よかったのです。透明な歌声立ち止まって聞いていました。

最後は「最後の涙」という曲でした。即席でCDの販売をやっていて、チョコレート色をしたCDを500円で買って帰りました。本は見つかりませんでしたが、何か得した気持ちになって帰りました。

ブログの先輩たちはこちらです 人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)